自立神経失調症にお灸は良いの?

自立神経失調症を治すために鍼灸院行ってるぜ!

どうも管理人のけべすです。

最近僕は週に1回のペースで鍼灸院に行ってます。

目的は持病である、自律神経失調症(起立性調節障害)を治すためであります。

書き出したら前フリがくっそ長くなってしまいましたが、鍼灸院でのお灸の感想だとか、今後挑戦するごっつい鍼(ハリ)のことも書いたのでめげずに読んでみてください(`・ω・´)

鍼灸院とは

鍼(はり)とかお灸で不調を整えてくれる所。医療ではなく民間療法のため、怪しくね?と思う人も多い。お客さんはじいさんばあさんが多い。

スポンサーリンク

僕が鍼灸院に行き出したきっかけ

c18286a510abddefeb10ceb1f253b336_s

管理人は朝起きるのがめっちゃ苦手なんです。仕事に支障が出るレベルです。

そのため時間にルーズだの。怠け者だの。ふざけてるだの散々言われた経験があるんです。

僕もわざと朝起きなかったり遅刻しているわけではないので、今年の5月くらいだったかな?にいいわけする材料を作りに、心療内科に行って診てもらったんです。

起立性調節障害(通称OD)です・・・涙

自分の中では、ADHDか、起立性調節障害かな?と思っていましたが。

結果・・・自律神経失調症の一種である起立性調節障害であることが判明しました。

病院の先生いわく、僕の起立性調節障害は中の上レベルって言ってました。
続けて、踏ん張らないと社会から落ちこぼれるよと。

もうすでに落ちこぼれてますが。(笑)

起立性調節障害=子供の病気って思われている方が多いと思いますが、大人になっても起立性調節障害で辛い人もいます。

OD病む病む

僕辛いんですアピールとかあまりしたくないんですけど、正直言って朝はめっちゃ辛いですし、休みで予定がない日は夕方まで寝てるとかけっこうザラで気も病んできますよ。

ただ起きれないだけだったら良いんですけど、仕事に遅刻したり、何か勉強したいと思ってもできなかったり、そうなってくると年収もあがんないし、周りとか結婚して子供がいる友人もいるし、自分は彼女もいないし、ポンコツなまんま歳ばっかり重ねるし、お先真っ暗!的な負の感情が、起きようと思ってもだるくて起きれない朝に湧いてきて、現実直視したくないからそのまま夢の中に逃げる的な。

で夕方目が覚めて、落ちるんですよ。

僕以外にもこーいう人はいると思いますがどうなのかな?みんな踏ん張ってるのかな。

それで、僕の中で心療内科って微妙だったんですよね。


家から遠いし、先生あんまり知識ないし!

(何かの本かインターネット、はたまた誰かに聞いたことなんですけど、日本は死に直結する病気以外は専門家が少ないようですね。死に直結しない→需要が少ない→あんまり真剣に勉強する医者が少ないという悪循環だと思います。)

ぼったくり精神科3,000円

それよりも何よりも、心療内科の先生が紹介してくれた精神科がもっと微妙で、カウンセリングに1回3千円かかるんですけど、行けば逆に嫌な気持ちになるという・・・

嫌な気持ちになるために3,000円払いたくなかったんですよ。

個人的な経験上精神科医ほど人の気持ちがわからない人はいない気さえしました。

というのも、精神がまともな(人の気持ちに寄り添えるような)人が精神科医なんかやってたら病んじゃうじゃないですか。

だからロボットみたいにデータとしてある症状にはこれが効く。

この人はこの症状って教科書に書いてあることで患者を型にハメて右から左に受け流す人の方が病まずに続けられるでしょ?

というわけで心療内科も、精神科もNGな僕だったわけです。

父に鍼を紹介される行き出す

前フリが長くなりましたが、起立性調節障害→医者は個人的に糞→父親が鍼に行っていたという流れで鍼灸院(しんきゅういん)に行くことになりました。

東洋医学意外とすごい

東洋医学まやかし説もありますが、医者が糞だったので他に信じる物と言えば食事療法か、東洋医学かになってきました。

あとサプリとか健康食品のたぐいも有効な物はありそうです。(またそれはおいおい書くとします。)

ほんとは人里離れた自然豊かな場所で骨を休めるとか、遊びまくるのが心が豊かになって一番良いような気もしますが、そーいうわけにもいきませんからね。

民間療法=詐欺まがいというイメージの方も多いと思いますし僕もどちらかというとそっちサイドの人間でした。

しかし鍼灸院なかなかすごいです。

僕も行きはじめは、なんだか鍼って胡散臭いなぁと思う部分が多かったんですが、通っているうちに(今5回目くらいです)先生すごいかも?と思うようになってきました。

すごいしか言ってなくて馬鹿まるだしっぽいですね。(笑)

いかんせん僕に東洋医学の知識がないので、また勉強してから出直してこようと思いますが、鍼灸院の先生すごいと思ったのが、病を断つにはどこをどうすれば良いのかというメカニズムが明確だからですね。

鍼(ハリ)をやるにしてもツボを刺激するにしても、お灸にしても、○○が良くないので、○○を刺激するといった理由がはっきりしており、そこをピンポイントで刺激するんですよ。

それで前回強力なお灸をすえてもらったんです。

ここまでやるかお灸

前回鍼灸院ですえてもらったお灸の跡がこちら↓

IMG_0024

かかと汚くてすみませんね。

かかとの焦げた所がお灸の跡です。ガチなやつです。
今までは貼るお灸をしてもらってましたが、今回はよもぎを固めて作ったガチなやつです。

かかとの真ん中には失眠というツボがあります。

失眠というツボ

失眠というツボは名前の通り、不眠症に効くツボなんですが不眠症だけでなく、自律神経を整えるツボなんですね。

僕の場合ですと、自律神経失調症の1つ起立性調節障害といった病気を持っているので、それに対して有効では?ということで失眠にお灸を置いたのだと思います。

失眠は、自立神経を整える以外にも、冷え症にも有効なようです。

というのも、冷えは万病の元というように、冷えと自律神経は密接に関係しているからなんです。

体が冷えるとそわそわする。体が温まると心も安定してくるというわけ。

東洋医学的な言葉に置き換えるとめぐりを良くするツボです。
(これは、鍼灸院の先生がそう言っていたわけではないんですが、健康食品関連のウェブマーケティングをやっている僕の解釈。)

お灸は一回だけじゃない

実はこの僕のかかとに置いたお灸なんですが、一回だけじゃないんです。
左20回、右35回置いてます。

熱い!これ以上無理!というレベルに達するまで、新しいお灸を置き続けるんですが、僕の場合左20回、右35回でした。

健康な人だと一回で熱い!と感じるらしいですが、不健康であればあるほど熱く感じないんですって。

35回って多くない?と思って先生に、35回っていかほど?という質問をしたんですが、んーと100回の人もいるから安心してくれ!との回答でした。

お灸を置いてる時どんな感じだい?

お灸を置くのはかかと一か所だけなんですが、お灸を置かれている時の感覚としては、片足の裏四か所くらいにお灸を置かれている感覚になります。

ツボから血管を伝わって、いろんな箇所が刺激されている感じ。

お灸が終わった後に足の裏を見たら、え?5カ所くらい置いてると思ってた!とちょっとびっくりしましたね。

というのもお灸置いている箇所じゃない土踏まずのあたりだとかに熱さを感じるのです。

ぼったくられるんじゃ・・・?

お灸55回もしたので、いつもよりも高額な請求されたらどうしよう・・・財布にお金全然入ってないし、もしかしたらぼったくりなのでは・・・・やべえ!と診察中にと震えていましたが、請求はいつもとおんなじ3,000円くらいでした。

3,000円もするの?高くないと思う人もいらっしゃるかと思いますが。

鍼(ハリ)も、お灸も消耗品なので妥当な値段かなーと個人的には思っています。

今回は鍼について触れてませんが、次回左後頭部にがっつり鍼(ハリ)やるんで、需要ありそうだったらまた書きますよ。

起立性調節障害は治った?鍼は冷えに効果ある?

んーぶっちゃけ、今までよりも朝すっきり起きられるようになったのか?と言われると微妙です。
正直鍼(ハリ)やお灸をやってもらった日は調子が良いですか。夕方まで寝てしまうことはいまだにあります。

冷え症にはどう?

冷え症に関してはある程度効果があるような気がします。というのも今足先が暖かいんです。管理人は男性ですが、ほんとこれ冷えに悩む女性にオススメです!


※お灸ってすぐなくなるので、もし家でやるのならば量が多いやつ買ったほうが良いです。
ただかかとは自分でやるのが難しいので奥様、旦那さん、彼氏、彼女、ご家族に協力してもらいましょう。

自立神経、冷え、不眠に良さそうなサプリ

f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s

僕はウェブマーケターを本業のかたわらやっています。

(起立性調節障害なので、他の人と同じように時間どおりに起きて、時間通りに仕事してという生活が長期的に見て難しそうなので。)

粉瘤の治し方の記事でも、粉瘤の原因とメカニズムそして根本的に悩みを解消してくれそうなサプリとしてDHA・EPAサプリを紹介させてもらいました。

粉瘤の治し方

それで、お灸を置いた箇所が、自立神経、冷え、不眠に良いとされる、失眠というツボだったので、おんなじような効果が期待できそうなサプリを何個か紹介させていただきますね。

まず一般的に人気のあるサプリをあえてDisります。

トリプトファンは個人的には微妙・・・

睡眠や自律神経に関連する成分としては、自律神経を整えてストレス、不眠症、うつ病などにバナナなどに含まれるトリプトファンと呼ばれるアミノ酸が良いとされています。

それで、トリプトファンというサプリもあるんですが、どちらかというと不眠に対してピンポイントで効果を発揮するだけで、個人的には根本的に不調を治すという観点から見ると弱いのかなと。

僕の中での自律神経失調症になるメカニズム

僕の解釈ですと冷えがあって、ストレスがあって、自律神経が乱れる、不眠になるという順序ですから。トリプトファン摂っても冷えや、不眠が原因以外のストレスは軽減されないのでは?と思いました。

確かに不眠が原因で疲れが取れず冷えるとか、自律神経が乱れるのであればトリプトファンも良いと思いますが、冷え症や日常生活でのストレスがあってからの不眠のパターンの方が多いのではないでしょうか。

トリプトファンを推すサイト胡散臭い

また、睡眠にはトリプトファンが良い!と推しているホームページもあるんですけど、情報を集めただけで実践的じゃないサイトがほとんどなので、そういった胡散臭いサイトのせいでトリプトファンってどうなの?って思えてしまう部分もありますね。

セロトニンというサプリもありますが、こちらもトリプトファン同様、ピンポイントに効く系です。トリプトファン→セロトニン→メラトニン→よく寝れるようになる。

ですから、サプリではあるものの、西洋医学的というか薬で治すのに感覚的に近いのかなと。

じゃあさオススメサプリはなんなの?

c64d87b0fec6bc12b0627c67bef1bfa8_s

トリプトファンはピンポイント系なので微妙じゃない?ということを書きましたが、逆に個人的にオススメできるサプリはもっと根本的に不調を整えてくれそうな物です。

根本的に良くするってなんぞや?という方もいらっしゃるかと思いますが、僕の中で健康の根本って血流だと思うんです。

血流が1番だと思う理由

東洋医学でめぐりという言葉があります。これは血の循環と密接に結び付くわけです。また、冷えは万病の元と言われますよね。

血液がめぐらない状態が冷えなんです。

不眠は枝で、冷え、血のめぐりが悪いは幹と考えられるのではないでしょうか?

また、筋肉をつけるにしても血流が良いか悪いかが重要ですし、子供の成長に関しても血流が大きく関係します。

また、EDなどの男性器系の障害でも、ストレスもありますが、血の循環が悪いことが大いに関係します。かの有名なバイアグラも元々は血圧の薬です。

おいおい下の話かよ!と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、男性機能と健康って密接に関係してきています。

男性の更年期は下半身の元気がなくなってからです。ボケたり体の元気がなくなったりですね。

ですので、粉瘤に良さそうと書いた血液サラサラにすると言われるDHA・EPAサプリなんかも、血の巡りをよくするのにアリと言えばアリかなと思います!

が、もっと効果的なんじゃないかと思うものがございますので2点ご紹介します。

オススメサプリ2つ

それは・・・アミノ酸の一種で成長促進ホルモンと呼ばれているアルギニン&一時期めちゃくちゃ流行って、今でも根強い人気のコエンザイムQ10ですね。

アルギニンとコエンザイムQ10が良い訳

IMG_0026

僕はウェブマーケターとしていろんな健康食品についてめっちゃ調べます。

それでやっぱり胡散臭い商品もやっぱりあるんですが、メカニズムが明確な複合型のサプリなんかは一個一個の成分も深堀りするわけなんです。

だいたい入ってるアルギニン

アルギニンという成分はアミノ酸の一種なんですが・・・本当に様々なサプリに利用されているわけです。

例えば子供の伸長を伸ばす目的で作られたであろうサプリ、EDを改善する目的で作られたであろうサプリ。(あろうと書いたのは薬事法の兼ね合いです。)

女性の不妊に良いとされるペルー原産の成分マカにもこのアルギニンというアミノ酸がいっぱいなんですね。

ノーベル賞を摂ったルイ・イグナロ博士が推しているアルギニン

ルイ・イグナロ博士はアメリカの薬理学者なんですが、心臓病の薬であるニトログリセリンがなぜ、心臓病に良いのかということから、血流を良くする一酸化窒素を発見し、一酸化窒素を体内で発生させるためにはアルギニンというアミノ酸が良いということを発見したんです。
そこから発展し、バイアグラが誕生したため、バイアグラを作ったのはファイザー社であるものの、イグナロ博士はバイアグラの父とも呼ばれています。

海外では薬のアルギニン

フランスにおいてアルギニンは医薬品として扱われております。

目的は性機能回復や肝臓機能強化、疲労回復などです。またフランス以外のヨーロッパの国々でもアルギニンは有効な成分であるとされ、愛用者も多いんです。

コエンザイムQ10はどうなの?

IMG_0025

通称コエQと呼ばれ、昔すごく流行って売り切れ続出だったようですが、コエンザイムQ10はいまだに根強い人気がありますね。

なぜコエンザイムQ10が良いの?

コエンザイムQ10が良さそうだという理由はいくつかあるんですが、まず元々心臓の薬であったこと、そして国内外問わず人気があることがあげられます。

またコエンザイムQ10の本を読んでいて、

・血液サラサラ
・自律神経を整える
・血流を良くする

・・・というキーワードが出てきて僕の中での健康のテーマに合致したことも大きいんです。

僕の悩みである起立神経失調症の解消にも良いと言われていました。

※子供の起立性障害に関することが書かれた本はいっぱいあるんですが、大人の起立性調節障害に関する本ってあんまりないですよね?

その他コエンザイムQ10に期待できること

コエQは健康維持以外にも、肌をきれいにする、抗酸化作用があり活性酸素をなくすのに良いと言われています。

コエンザイムQ10とDHA・EPAの違い

コエンザイムQ10とDHA・EPAの働きってけっこう重複する部分があるんですが、コエンザイムQ10は臓器に働きかける、栄養吸収を助ける。DHA・EPAは血の質を良くするイメージですね。

最近酵素ドリンクなるものがダイエットに良いと流行っていますが、酵素の走りってコエンザイムQ10なんですよね。

栄養と言えばビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂質、糖質の5つで5大栄養素が有名なんですが、コエンザイムQ10は補酵素なんです。

ですから、5大栄養素の概念からちょっと外れます。外れつつもビタミンの吸収を助ける働きをしますので重要な成分です。

体内にもともとある成分ではあるんですが、体質の悪化や老化で不足します。

一応サプリからでなく食事からもとれるには取れます。

アルギニンもコエンザイムQ10も食事でとれるが・・・

成長促進ホルモンと呼ばれるアルギニンも、補酵素であるコエンザイムQ10も食事から摂ることは可能です。

アルギニンにしても、コエンザイムにしても肉、魚などの動物性の食品に多いです。
また畑の肉と呼ばれる大豆にも多く存在するわけです。

ただし、健康目的で摂ろうとすると食事では成分的に足りません。

基本的に栄養って食事から摂れるので、食事がちゃんとしていればサプリはいりませんといった説もありますが、アルギニンや、コエンザイムは食事で摂れる量というのは微々たるものなので、アルギニンやコエンザイムQ10は多めに摂った方が良いでしょうね。

日本だと薬事法の兼ね合いもあるので具体的にどうこう書くのが難しいですが、海外では多めに成分を摂ることで体感があるものとされていますから。

海外では医薬品扱いの国もあるので、薬のように作用させる目的で使う方が多いと思います。

ただし、アルギニン、コエンザイムにしても元来体内に存在する成分なので、薬のような強烈な体感みたいなものはないでしょうね。逆にその分安心とも考えられます。

アルギニンは協和発酵バイオが良い

協和発酵バイオはアミノ酸研究の最前線をいく企業です。

また協和発酵バイオの開発した原料はサプリだけでなく医薬品としても用いられているんです。

その点からも信頼が高いと言えます。

こちらは今なら500円でお試し可能!

コエンザイムQ10はカネカが良い

WS000168

カネカのコエンザイムQ10は世界的にシェアが高いんです。世界的に見ても60~70パーセントくらいがカネカのコエンザイムQ10です。他社のコエンザイムQ10と違う点は、吸収力が良いので体感しやすいという点。

今なら半月分を1,000円/月でお試しすることが可能です。


変な医者にかかるより自分で健康に良いものを取り入れた方がマシ

6f5a08dab73371569da2c6de8885a884_s
医者の言ってることが全部正しいと思われている方もいらっしゃるかとは思いますが、僕みたいに特異体質ですと、医者の経験則によるパターンにハメられて的外れでしっくりこない診断をされてがっかりさせられた経験がたくさんあるわけです。

というのも日本の医療は予防するという概念があまりなく、死に直結しない不調に対する解決策をあまり持ち合わせていないからです。

それでいても他人に相談すると、医者に行けだの仮病だの言われて嫌な思いをするという経験をたくさんしてきました。

じゃあ自分で健康に良い成分探した方がマシじゃない?と思って始めたのが健康成分の研究だったわけです。

やっぱり健康食品やサプリってどうしても胡散臭い部分があると思いますが・・・・

ちゃんと調べると信憑性のあるものも多いですので、うじうじ考えるよりもあ、良さそうだ!と思ったらとりあえず取り入れてみるのが良いのではないでしょうか?

また、アルギニンやコエンザイムのレポも書きたいと思いますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です