アフィカスをZEEBRAがdisったとかなんとか・・・

アフィカスをZEEBRAがdis!

どうもこんにちはアフィカスをZEEBRAが避難したとかなんとかって記事が2ちゃんまとめに乗っていたので、アフィカスである僕がそれに便乗して記事を書いてみる。


↑ソース

ちなみに僕は、こんな記事も書きました。
アフィカスは悪なのか?

スポンサーリンク

アフィリエイターとアフィカスの違いを定義してみな

アフィリエイターとアフィカスの定義難しいけど、キーワードで釣って商品を売りつけるor広告のクリックによってメイクマネーしちゃってるって点では全部一緒なのかもしれません。

マネタイズできない企業もアフィカス化している

アフィカスとは、自サイトに広告を貼って広告収入で利益を得るカスのことである。

2chの世界では、フィギュアの転売サイトだったり、2ch掲示板内に広告アリの自サイトを貼る人、アフィカスうぜー!って記事すらも、アクセス集めの手段としてまとめに利用する2chまとめがアフィカスとして有名ですが・・・

最近では景気が悪く、自社のサービスや提携会社の物販などでは食えないのか・・・

映画館だったり、例えばZeebraさんの居るヒップホップの世界で最も有名なヒップホップサイトBMRでもゲームのチカチカする広告とか出てきてアフィカス化しちゃってる現状なのですよ・・・

アフィカスとヒップホップの共通点

僕はヒップホップも好きだしアフィリエイトも好きです。
というかアフィリエイトとヒップホップは似ているとすら思っているので、アフィリエイトとヒップホップの共通点を書いておく。

・夢がある
・ほぼ体一つ
・パクリの文化
・言葉巧みに
・迷惑行為

夢がある

アフィリエイトにもヒップホップにも夢があります。一般企業だと、基本的に学歴社会であり、無学な人が成功することは難しい。でもアフィリエイトもヒップホップにしても、学歴が悪かろうが、過去に悪いことをした人であろうが成功するチャンスがあるわけです。
誰でもいつからでもチャンスがある!点は一緒ですね。

ほぼ体一つのみ

お金儲けをしようと思うと、基本的に金がかかるものです。会社を興すためには資本金がいりますよね?でもヒップホップはマイク一本で成り上がるチャンスがあるんですね。
アフィリエイトはパソコン一つで成功するチャンスがあります。
※パソコン一つで自由を手に入れる!っていうフレーズは、馬鹿な情報商材屋さんがガキを騙すためによく使うので個人的には嫌いなフレーズですが書いときました。

パクリの文化

ヒップホップにしてもアフィリエイトにしてもパクリの文化です。ヒップホップは
お金がないから楽器が買えない、でもオリジナリティ出せる部分はある!っていう貧乏な黒人が創めたカルチャーっす。

ですからラップはオリジナルでも、トラックが他人の曲そのまんまつかったりとか、ラップでも先人が使ってたかっこいい言い回し使っちゃえとパクリに関して寛容なんですね。好きだから!尊敬してるからっていうのがあれば、サンプリング(拝借おっけー)なわけです。

アフィリエイトもパクりが横行してます。2chまとめしかり、健康食品売るにしてもどこかで誰かが書いた記事をパクっちゃうとかよくあります。アフィリエイトにリスペクトはないんですけどね。

どっちにしろパクリの文化には変わりませんよね。

エミネムもマルコムマクラーレンのバッファローギャルズパクってますよね??(リスペクトあるんだけど)

Eminem – Without Me

Malcolm McLaren – Buffalo Gals


しかもマルコムマクラーレンはセックスピストルズのプロデューサーであり、ヴィヴィアンウエストウッドの旦那なんですけど、ヴィヴィアンとマルコムがやってた服屋では、ボロキレみたいな服をカスタムしたりSMの服をファッションアイテムとしたり売ったりしてたんですね。

あまりにも値段がぼったくりすぎだったので、ジョンライドンが、こんなん自分で作れるのに買うやつはアホだなとか言ったとかなんとか。

ちょっと話が飛びましたけど、ファッションと音楽とぼったくりとパクりとリスペクトと商売はつながっていたりするんですね。

言葉巧み

ヒップホップのリリックっていうのは、こねくるにこねくり回して表現するわけなんですよね。言葉で自分の世界に持ってくる点で、うまい具合に商品に誘導するアフィリエイトって似てますよね。

こちらの世界にようこそ的な。

ヒップホップじゃなくてパンクネタになっちゃうんですが、ジョンライドン(ピストルズが)騙された気分はどうだい?つって再結成コンサートで言ったとか言ってないとか。

でもファン的には嘘でもなんでも、新しい世界にいざなってくれたからオッケーなわけで、健康食品でも宗教でもなんでも新しい世界にいざなってくれたら別にそれでよくない?って思ったりしちゃうわけです。

オッケーオッケー

迷惑行為

アフィリエイトの広告って、ちゃんとした広告が見れないので迷惑!医療のサイトがかき消されて迷惑!とか言われています。

ヒップホップは、子供が不良にあこがれちゃうので迷惑!って言われています。
迷惑な人からすると迷惑なんです。その反面、正しい道にいざなってくれたありがとうって人もいるとかいないとか

まとめ

ということでアフィリエイトとヒップホップって似てるでしょ?というか商売なんて全部そんなもんだ。

だいたいこのブランドは偽物だ、このブランドは本物だとか言ってる人がいるけどそんなもんも所詮はブランディングの仕方しだいなわけで、薄利多売でいくのか、少量生産を高値で売るのかの違いで、お金儲け、経済活動には変わらないわけです。

薄利多売も、少量生産プレミアム価格販売もアフィリエイト屋もアーティストも、服屋も経営者まわりは、お互いに尊敬してるんです多分。

アフィカスは不要とか、○○のブランドダサいとか言ってる人は幼稚

いやー僕にも○○ダサいとか他人を批判して、自分のプライドを保つ時代がありました。
でもそれじゃあ自分は成長しないんですよね。

群れて人の悪口言って、その場だけ気持ちよくなっている奴は幼稚なおたんちんなんです。

アフィカスっていう共通な敵を群れて叩くって楽しい?
何かそれで成長できますか?

悪口ばっかり言ってるやつがいる方が都合が良い

テレビにしてもメディアにしてもしょーもない話題で盛り上がってくれる、自分の意見を持たない馬鹿が居た方がいっぱい居た方が楽なんですよね。

音頭が取りやすいし、与えたものをそのまま受け入れてくれるから。

批判ばっかりしている人も一見、反社会的存在っぽいですが、結局良いカモってことが多いのかも。

物売りがこんなこと書いてちゃダメ

いやー書いてて思ったんですけど、物売りがこんなこと書いてちゃだめですよね。
こんなこと書く僕は馬鹿でした。(笑)
まぁテキトーにこれいいかもつって思ったら素直に受け入れる。違うなって思ったら拒否すれば良いのではないでしょうか。

要するにヒップホップってこんなもんだって曲がこちら↓

この曲聞いてがんばりましょー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です