ブログの記事が書けない!文字数が稼げない!

ブログの記事ってなかなか書けないよね?文字数稼げないよね?

こんにちは。管理人のケべスです。

今日はブログの記事が書けない!書けるには書けるけどボリュームなさすぎ!

もっとみんなにブログを見られたい!

だから・・・ボリュームのある記事を書きたいんだけどどーすりゃ良いの、誰か教えてって方の為に、こーすれば書けるよん!×4って記事を書きますよ。

スポンサーリンク

僕もブログが書けなかった

実は僕は2015年1月からブログを開始しております。

といいましても、このブログを見ていただければわかるように、このブログには2015年1月からの記事はないわけで、別に書いた記事を削除したわけでもないわけです。

実は以前は、無料ブログの王道シーサーブログにて記事を書いていたのであります!!
※まだ生きています当時のブログ。記事書いてないですが。

しかしまぁ、自分で言うのもなんですが・・・

このブログもなかなかの香ばしさではありますが、文章の尺には自信を持っております。しかしですね、以前書いていたブログなんかはただ香ばしいだけのゴ・・・からの、、、、今は・・・

やたらと長い、死ぬほど長い、スーパー長い、いやそーでもない??

いやいや、でもそれなりに長いでしょ記事。なブログになったわけです。

今でこそ、良い悪いは別にせよ、そこそこ尺の長いブログ記事(約3,000字以上?)を書く僕ではありますが、、、、

他の記事にも書いた通り、500字書けないくそ!

1000字なんかマジ無理!っていう時代もあったわけであります。

しかし今ならば、まぁジャンルや書き方にもよりますが、全く知らないジャンルのことで1,000字は書けますし、知ってることであれば、5,000字以上かけたりするわけなんですね、はい。

5000文字とか余裕!!

おいおい5,000字で何を言う!はやみゆう

そのくらいねー誰でも書けますよ!って人もいると思いますが・・・

僕もブログスタートして3ヶ月くらいは全然書けませんでしたね。今でも文字数は多いもののまとめるのヘタだったりしますし課題はなきにしもアラブですけども。

前フリ長くなりましたが、それで、は文章の増し方についていろいろ書いていきまーす。

長い文章を書くテクニック

・項目を考えよう
・テキトーさも必要
・太い幹から分岐させよう
・点と点を繋ぎ線にしよう
・閃いたことをブッ混む
・起伏を考えYO!
・リライトして
・対義語を使おう
・接続詞を多用し繋げる
・抽象的な言い回しは補足する
・書きまくろう!

長い文章、それなりのボリュームがあるを文章を書くには・・・
これら11個のテクニックを利用しましょう。

項目を考えよう

上に項目を書いた通りなんですが、別に8つでも9つでも10個11個でも良いので、○○ってキーワードに対してa,b,c,d,e…etcってな具合に項目を考えると文章を書くのが非常に楽です。

項目を出す、出さないは自由ですよ。

上記の項目の場合、タイトルは長い文章を書くテクニックにしましたが、うーん例えば動物園というタイトルにすると、パンダ、うさぎ、コアラみたいな項目を書けるでしょうし、パンダをタイトルにすると、見た目、性格、寿命、食べ物、人気みたいな感じでかけますよ。

テキトーさも必要

項目を考えように10個でも11個でも良いとか書きましたが、項目を練って練って練りまくると(思い浮かべる作業をすると)それ自体がめんどくさくなっちまうので、ぱーってテキトーに項目を考えてスッと頭に出ただけ項目を書いていくと良いのではないでしょうか。

んで、後から書けるネタが浮かんだら思い浮かんだ項目を足せば良いのですよ。項目足して、話がおかしくなるなら文章も直しましょうね。

太い幹から分岐させよう

動物園という広めのタイトルからパンダ、ウサギ、コアラって浮かぶみたいに、スニーカーというタイトルからならナイキ、アディダス、プーマみたいに発想することが可能。

パンダですと、見た目、性格、寿命、食べ物、人気みたいな感じって項目の話で書きました。

スニーカーの中でもアディダスだったら、スーパースター、ギャラクシー、ガッツレー、サンバとか広げていけますよね。

スニーカー>アディダス>スーパースター>スーパースターの履き心地

メインキーワードを狭くしていくと文章は書きにくくなります。

スーパースターの履き心地って言われても書きづらいですよね。

こーいうネタ行こうと思うと、ブログを開始した当初の昔の僕なら500字書くのきついーって感じでした。

g、しかし今ならもっともっと書けますよ。

点と点を繋ぎ線にしよう

スーパースターの履き心地を書こう・・・というタイトルにしたら

スーパースターの紹介
長時間履いて疲れるか疲れないか
重いのか軽いのか
雨の日に汚れやすい汚れにくい

こんな項目にわけて、記事を書けますね。

それで、スーパースターの履き心地についての文章を書き終えた。がしかし、ネタがないしボリュームないしってなります。

そんな時は・・・
じゃあそもそもスーパースターって何?って所に戻れば良いんです。

スーパースターが何かはいろいろ連想できますが、、、ベタに人気定番スニーカーですよね。

ですから人気定番スニーカーって話に風呂敷を拡げます。

したらば、他の人気定番スニーカーって何かを僕は考えます。

例えば同メーカーのアディダスだったら、スタンスミスでも良いですし、さっき書いたガッツレーもアディダスのスニーカーです。

別のメーカー例えばナイキなら、エアーフォースワンとか、エアーマックスがあります。

僕の持ってるスタンスミスと比べてどっちが履きやすいか
ナイキのエアーマックスと比べてどっちが履きやすいか

このように項目が作れます。

んで、記事のわき役として見た目はこうだけど・・・履き心地は・・・とかいう切り口で書けますやん。

ちなみにスーパースターはローテク、エアーマックスはハイテクですから、ローテクかハイテクかみたいな話も書けますね。ローテク、ハイテクの話で別記事書くのもアリです。

スーパースター→ナイキって繋がらないけど、スーパースター→エアーフォースワン→ナイキは繋がりますね。(定番スニーカー仲間→違うメーカーに行くっていう感じですね。)

閃いたことをブッ混む

前の文章の流れで・・・
ちなみに・・・広く風呂敷を広げる→けれど関連性を持たせて繋げるという、やり方は古き良きDJなんかがやりますね。

(DJってクラブ等で音楽流す人)

年代で繋げて、アーティストで繋げるみたいな感じに。まぁ今の主流のDJはあんまりその辺りにこだわる人いませんが。

関連性のある話題で書きたい話、ストーリーを繋ぐように、曲と曲を繋ぐと違和感が少ないです。

もっと具体的に言うと、年代が同じだと音色が似ている。アーティストが同じだと声が一緒でしょ??という関連性で曲と曲を繋いで一個のストーリー(MIX)を作る!

起伏を考えYO!

DJってフレーズを出したんで、その流れで起伏の話をします。

それで、まだDJの話を続けますが、ぶち上げミックスっていう終始ノリノリのミックスもあるわけですけども、記事全体で終始YO!YO!YO!な感じだと疲れちゃいますよね???

かといって、ずーっとおとなしくてもシケたブログだなって、どこで盛り上がればいいの?ってなったりするかと思います。

このテクニックは、難しいんですけど・・・誹謗中傷っぽいタイトルにして、最後はいやほんとは好きでしたってツンデレな感じを出すとか、○○はすごい!ってタイトルで実は、皮肉ネタでしたとか、そんなギミックがあるとおもしろいのかな??なんてね。

リライトしてー

流れに沿って項目をあべこべにしながら、この記事書いてます。

まだDJネタの余韻が残ってるんで、続けます。

音楽的に言うとサンプリング、文章の世界で言うとリライトについて書きたいと思います。

リライトっていうのはざっくり言うとパクりなんですけど、いろいろやり方があります。

成分の抽出

他人が書いた良い記事の良い部分を切り貼りするということですね。ある記事を書きたいとしてお、この情報いいやんけ!と思ったらその情報を、もしくはその伝え方や言い回しををかっさらいます。

展開をパクる

Aメロ、Bメロ、サビ的な感じだとか、弱い、弱い、強い、弱いみたいに盛り上がり方を頂戴するってやり方があります。

トピックの順序をまんま頂戴する

展開をパクるの中でも、多分割と使いやすい方法を紹介

ばびろんまつこのやつ
↑けっこー僕が好きだった、ばびろんまつこさんが逮捕されたっていう記事なんですけど・・・・

だいたい展開はこう・・・

前説
あいさつ
事件と犯人

メイン
事件と犯人について詳しく
犯人は、有名な人でもあった
事件の詳細

こんな感じですね。

ちょっと、項目が少ないのでさっぱりしちゃっていますが、事件、犯人と出来事と当事者みたく置き換えれば違う記事でも構成はマネできますよね。

下敷きにする

なぞりがき&ラクガオ的な。

順序をまんま頂戴するのもっと露骨Ver. 例えば、誰かを全面的にDisる記事があったら、逆にかばうような内容で書いちゃうとか、自分の言い回し、自分の解釈で書いちゃうとかですね。

これは別に他人のブログじゃなくて、映画を見て、自分の生活と照らし合わせて書くみたいなこともできますね。

対義語を使おう

強いと弱い
黒いと白い
良いと悪いみたいな感じですかね。

ばびろんまつこさんの記事だとがっかりした、憎いがうらやましいとは思ってた、天罰くだるよねーって話で落としてますが、それはそれで良くない?好きで同じ目線だった、運が悪かったんだね。

このような展開にもできるのかなと思いました。

接続詞を多用し繋げる

文章を書いてると困ることがあります。

それは、どうつなげれば良いのかわからなくなることですね。

それでですね、これならば良いんじゃないかという手法があります。

それは、接続詞を多用し繋げる方法です。

といった具合に書けば一個一個の文章が繋がりますね。僕の本題に入る前の長い前フリも、コンセプトなく、項目もなく書き始めたので、接続詞を多用して繋いであります。

抽象的な言い回しは補足する

昨日コンビニでラーメン買った。

昨日の夜の10時、お腹がすいたので家から歩いて5分のミニストップに行きました。

よくカップラーメンを買うのですが、最近お気に入りだった○○ヌードルがなかったので、XXを買った。みたいな感じで具体的に書くとわかりやすいですし、検索にも引っかかりやすいですね。

今、わかりやすいですし・・・と書きましたが、ここは読む人にとってわかりやすいとか、読者にとってわかりやすいみたいな言い回しにすると、よりわかりやすいですし読みやすいですね。

初期のブログで書いた文章なんかは、おそらく、誰が、どこで、何をみたいな表現が足りていない言い回しが多かったです。

書きまくろう!

今回は理屈&パッションでこの文章を書きましたが、理屈=メカニズムがわかるまで、というか体に文章を書く行為がなじむまで、そこそこの時間を要しましたし、書いていて全然楽しくなかったですね。

新しい知識を確認しながら文章を書く作業はいまだに疲れますが、ほとんど頭の中に入っている知識を、このように文章にして書く作業は割と楽しいので、息抜きがてらかけましたよううう。

お疲れちゃん

というわけで、今回はけっこうノリでこの文章を書いたのですが、後半疲れてくるので、ちょっとダダクサな文章の書き方になってくるのが僕のダメな所ですね。

オチも書きまくろう!の項目で書いてしまっているっていう。

ブログ初心者の参考になったかな?なってないか?

あ、僕は基本アフィリエイトする人ですが、このブログは商品知識を入れるのがおっくうな時、要するにアフィリエイトの逃げとして、でも書かないとなまるからつってトレーニングの一環として書いています。

DJネタ多くない?

知り合いのDJと話をしていて、文章を作るのとDJミックスを作るのって似てるよね~。という会話をしたので、ちょっとそんな名残がフラッシュバックしてきました。がゆえにDJネタ多めになりました。

ま、でもストーリーを作るっていう部分ではすごく似ていると思います。

雑じゃない?

自分で読み直したら何が言いたいのか、全く読者に伝わらない表現が書いてありました。僕は発想はできるけど、細かな部分で手を抜いてしまう部分がありますね。

わかりにくい文章は徐々に直していきます。

目次使おうよ

あ、うん。そのうち

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です