スキニ―パンツ

スキニ―パンツの意味

「スキニーパンツ」のスキニ―の意味は、英語で、骨と皮だけとか、がりがりといった意味です。なので、スキニ―パンツはとても細いパンツです。

「スキニ―パンツ」という呼び名が付く前は、スリムパンツの中でもとても細いパンツとして、「スーパースリムパンツ」と呼ばれていましたが、今はスキニ―パンツという呼び方が主流となっています。

スポンサーリンク

スキニ―パンツの歴史

スキニ―パンツのルーツは、60年代のイギリスのモッズファッションにあります。

彼らはイタリア製のかなり細身なオーダースーツを好んで着用していました。スラックスもかなりピチピチです。

またリーバイスのジーンズを好んで着用し、それらもかなり細身のサイジングで着用しておりました。モッズを題材にした、イギリス映画「さらば青春の光」では、主人公がジーンズを縮ませるために、ジーンズを着てお風呂に入っているシーンも出てきます。

それ以降は、70年代前半にアメリカのアンダーグラウンドシーンから、登場したニューヨークドールズや、ラモーンズ等のパンクバンド、70年代後半から80年代前半にはイギリスで大きなムーブメントを起こしたU.Kパンクのアーティストもスキニ―を多く着用しております。ちなみに、U.Kパンクムーブメントの火付け役は、ヴィヴィアンウエスト・ウッドの旦那である、マルコムマクラーレンです。

そして2000年代に入り、インディーロックのアーティスト達が、モッズファッション、パンクファッションを現代風にアレンジし再びスキニーパンツがムーブメントを起こします。

インディーロックのアーティスト達と親交の深かったファッションデザイナーエディ・スリマンが彼らのファッションや、過去のモッズファッションを取り入れたスタイルを、Dior Hommeのコレクションで発表。

その頃からファッション業界で「スキニ―パンツ」という言葉が生まれ、トレンドファッションとなります。

今ではハイブランドから、ファストファッションまで多くのメーカーが「スキニ―パンツ」を製造し、今ではかなり定着したファッションアイテムの一つとなっております。

管理人は、10年ほど前、ロック好きで細身だったため、パンクバンドラモーンズに憧れてスキニ―パンツを履いていましたが、当時はメンズでスキニ―パンツを発売しているメーカーが全然なかったため、探すのに苦労しました。なので、レディースのユニクロ履いたりしてました笑

(レディースのX-Girlや、シマロンは当時からかなり細いパンツが出ていましたね。これは男が履くとぴ多ぴたすぎてちょっと微妙でした。)

2000年代前半くらいから、April77やCheap Mondayといったブランドが登場し、「スキニ―パンツ」が定番化。今では多くのファストファッションブランドでも、様々な「スキニ―パンツ」が発売されております。

スキニ―パンツの取り入れ方

スキニ―パンツのルーツはやっぱりロックなので、ロックファッションとの相性は抜群です。Dior Hommeのコレクション以降モードファッションでも定番化しておりますから、モードファッションとも相性は良いですし。昔はダボダボファッションの代名詞であったストリートファッションや、ヒップホップファッションも、今はモードと融合し、結構細身のパンツを履きます。

要するに色のバランスとご自身の体形に合ったものを選べば、かっこよく履きこなせますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です